変わると決めた直後に、その決意が揺らぐ事件が起こるのは何故か

少し前、
「安心感を土台にして生きよう」と決意したのですが、
その直後の数日間に、



・オンラインゲームで、めちゃくちゃマナーの悪い人に遭遇した

・苦手な人から、作家活動を見ている、と連絡が来た

・パスワードが漏洩したとGoogleからメールが届いた(詐欺でなく正規メールだったけれど、そのサービス自体は退会済みだったのでとりあえず大丈夫だった)


などなど、安心安全とは思えない事件が次々起きたことがありました。



ショックやらしょんぼりやら。

え、こんなにも立て続けに起こっちゃうの?笑





決意を揺るがすお試し


こんなふうに生きよう!
これからはこうするぞ!

など、目標を立てた直後に限って、
その決意を揺るがすような出来事が起こることがあります。

本当に、そう決めた通りに生きていい?
と試すような事件が起こるんですね。



そうすると、ついつい、決意を引っ込めてしまいたくなるものです。

私も、
「やっぱり、安心して生きるのは難しいよな...」
と心折れかけました。

が、こういう時こそ、その決意を持ち直すのが大事だな、と感じます。



変わろうと決めたからこそ、
変わり始めたからこそ、
決意を揺るがしてくる出来事が現れるのです。

特に、大きな変化をしようとする時ほど、その綱引きは大きくなるもの。



無意識というか、残留思念のようなものが、抵抗しているのかな、と思います。

「変わりたい」の後ろに隠れた「変わりたくない心」が、
変わらなくてもいい理由にできる出来事を目の前に見せる、

と言ってもいいかもしれません。




お試し期間の過ごし方


揺らぐのは仕方ないので、
まずは、流れのままに落ち込んだり、泣いたり怒ったりしておきましょう。

それが通り過ぎたら、
「これから、新しく決めたように生きるんだ」
と、もう一回決め直して、それを元に行動するといいのかな、と思います。



私の場合、

・次々事件は起こったけど、ちゃんと生きてるし、大丈夫だと考えた

・身の回りの安心や安全を確認した(例. 相談できる人や、安全な場所を再認識した)

・安心や安全を確保する行動をした(例. パスワードを見直して、より強固なものに再設定した)

などの行動を取りました。




そうする内に、気持ちも落ち着いてきて、
自分の中が安定したような感じがあり、
それに合わせて、現実が少しずつ良い方向に動き出したのです。



まとめ


変わろうと決めたからこそ、
決意を揺るがしてくる出来事が現れるもの。

自分のペースで向き合って、変化を選択していきたいですね。