自分のコンディションをなるべく一定に保つコツ

昨日の記事では、ブログネタが浮かばずに書けない時の、自分なりの法則の話をしました。

その記事を書く中で、

自分なりの法則や行動パターンを把握しておくのって大事だな、と思ったんですね。




自分の法則を見つける方法

自分のコンディションが良い時(悪い時)に、行動や身の回りの環境などがどんな状態だったか考えてみます。


昨日の例なら、ブログが書けね〜!!となる状態の時、

自分がどう過ごしていたかを見たんですね。


この時大事なのは、

何をして、何をしていなかったか

という両面から見ることだと思います。

その中で共通点が見えてくるはずです。


昨日の例なら、

ブログを書けない時は、

ブログ以外の作業に集中していて、
新しいことへのチャレンジや内観をしていない時だ、という共通点を見出しました。


そして、見つけた共通点をもとに行動に移すのです。


昨日の例なら、早速内観タイムを取りました。

また、「ブログを書けない時の法則を炙り出してみよう」
と発想して思考を巡らせたのも、

ある意味新しいことにチャレンジした、
と言ってもいいかもしれませんね(だからこの記事が書けた)。


人それぞれ自分なりのポジティブ・ネガティブな法則があるものです。

それをしっかり知っておけば、コンディションを安定的に保ちやすくなるのかな、と思うのです。



まとめ

自分の法則を知って、スムーズに過ごそうというお話でした。