【GitHub】簡単!個人リポジトリをforkしてプルリクを送ってみる方法

ここ最近、ゲームの開発をしているのですが、

その中で使っているツールにプルリクを送ってみたお話です。



前提として悩んでいたこと

pushしたはずのブランチが、GitHub側でどうしても表示されない、という問題があり、プルリクを送るに送れないという状況がありました。

Collaboratorとして登録されているのに...

フリープランでもプルリクは送れるはずなのに...


色々調べたのですが、どうしてもここがクリアできなかったので、諦めてforkしたところからプルリクを送ったら、無事にできたので、その手順を以下にまとめます。

※もしこの現象の対策をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。



本題: forkしてプルリクを送る手順

forkする

右上のForkをクリックして、開いた画面でCreate forkする。

Githubのfork



GithubのCreate a new fork


すると、こんな感じで、そっくりフォルダがコピーされる。

Githubのfork


手元にCloneしてきて、ブランチを適宜切って、修正をpushする。


プルリクを送る

フォークしたプロジェクト(上記画面)で、このようなサインが出ているはずなので、Compare & pull requestからプルリク作成画面を開く。

GithubのCompare & pull request


ブランチの向き先が正しいか確認してプルリクを送る。

Githubのプルリク作成画面


やった〜〜〜〜マージされたよ〜〜〜!٩( 'ω' )و

Githubのマージ画面




まとめ

仕事ではよくプルリクを送りますが、
個人プロジェクトに向けてプルリクを送ったのは初めてだったので、なんだかドキドキワクワクしました。

また一つレベルアップです!