そこに込められた意図はなんだろう

文章を書く時、
絵を描く時、
歌を歌う時、

ほとんどの場合に、私は意図を持って一つ一つのパーツの表現を選んでいます。


例えばこのブログの文章も、思い付くままになんとな~く文字列を並べているわけではなく、

文章の繋がりや、語尾の選定、
漢字とひらがなのバランス、
改行や句読点を打つタイミング、
たとえや言い回しなどなどなど...

一文一文に意図を込めているんですね。


そこを再認識した時、

他の人が書いた文章も、絵も、マンガも、曲も、何もかも、

制作者の意図が至る所に込められているんだな...と改めて気づいたんですね。


そう考えると、コンテンツをさーっと流すように消費するのではなく、
その細部に込められた意図を想像してみることで、創作物をじっくり楽しめるな、と思ったのでした。



まとめ

創作物に込められた意図に思いを巡らせてみよう、というお話でした。