コーディング不要でおしゃれなリンク集を簡単に作ろう!Beaconsを使ってみた

Instagramのプロフィール欄は、基本的にリンクを一つしか貼ることができません。

いつもポートフォリオサイトを貼っているのですが、

たまたま人のアカウントを見ていた時に、とても綺麗にまとまっているリンク集が貼られているのを見つけました。

なにそれかっこいい!自分もほしーい!( 'ω')





ということで作ってみたものがこちらです(料理番組風に)。

こちらのリンクからご覧いただくこともできます。


Beaconsで作った影織のリンク集

Beaconsで作った影織のリンク集




Beaconsの使い方

Beaconsは無料アカウントでも、かなり柔軟にカスタマイズできます。

有料にすると、カスタムドメインが使えたり、ページ下部のロゴを消せたりしますが、無料版だけでも十分いい感じに仕上がります。


登録

こちらのリンクから登録します。

ユーザーネームがリンクになります。

Beacons登録ページ

手順に従って登録を進め、各種SNSリンクなどを入力していくだけで、ざっくり簡単にページを生成できます。


カスタマイズ

基本的にカスタマイズで触るのは「My Page」と「Design」です。

BeaconsのMy Page


Add blockからは、さまざまな要素を追加できます。

デザイン的な要素や、SNSリンクだけでなく、メールアドレスの収集や、Paypalと結びつけた有償リクエスト募集などもできるようです。

BeaconsのAdd block

BeaconsのAdd block


Textには自己紹介を、Linksには各種SNSリンクを貼りましょう。


※ワンポイント

Linksの中のMake your own page...は消せます。

Beaconsのブロック





デザインは既存のものがかなり充実しています。

BeaconsのDesign一覧



こだわりたい人は、私のように自作しても良いでしょう。
自作とは言っても、コーディングは一切せず、色や形を全て画面上でクリックして調整できます。

背景画像やフォントなど、組み合わせは無限にあるので、あれこれこだわるととても楽しいです。





基本的に英語ユーザー向けに作られているので、サイト内は基本的に英語です。
とはいえ、そこまで難しい英語はありません。

ただ、日本語のフォントが選べない点は少々辛いかもしれません。

それでも、かなり綺麗なサイトを、ほぼ制限を感じることなく自由に作れるのでありがたいです。


まとめ

わざわざ自分でゼロから作らなくても、ノーコードでここまで綺麗なサイトを簡単に作れるって素晴らしいですね。

気になる方は、ぜひ使ってみてください!