やってみたいと憧れても、自分には無理だ...と秒で諦めてしまう場合、どうしたらいい?

「これをやってみたいな」とか、

「こうなってみたいな」という憧れが芽生えた瞬間に、

「そんなの自分には無理だ...」

と即否定して、諦めてしまうことがあります。



でもそんな時こそ、やってみるチャンスなんですよね。

新しい自分の枠を広げるための。





チャレンジって怖さがあるよね


やったことがないことにチャレンジするのは怖いことです。

それはそう( ˘ω˘ )

やったことないし、知らないのですから。

自分にできるかもしれない理由より、できない理由を見つけた方が、圧倒的に早いし簡単なんです。

だから、できない理由の方がたくさん見つかって、自分で自分を足止めしてしまうんですよね。



どうしたらいい?

とりあえずあまり深く考えずやる

「やりたい」の後から湧いてくる「自分にはダメかもしれない」思考。

それにはあまり耳を貸さず、とりあえず軽く行動に移してしまいましょう。

もしやってダメなら、その時また考えたらいいので。



「やること」への重さを抜く

いやいやいや...

そんな簡単に行動に移せたら悩んでないんですけど!? という場合。



多分、

・やり始めたら、最後までやり通さないといけない

・やると人に言った後、途中でやめたり、方向転換したりするのは恥ずかしい

・始めたからには、人に評価されるレベルまで上達しなきゃいけない

...などの思い込みがあるのではないかな、と思います。





いつでもやめてもいいし、変えてもいいし、本当は全てが自由なんですね。

(...という文を読んで、「いや自由になれるわけない!」と感じたとしたら、なんでだろう?)

そこに気付けると、軽く行動できるようになるのではないかなと思います。




まとめ


最近私も、「これをやってみたいな」が湧いてきたのですが、

次の瞬間にはできない理由が100個ぐらい出てきたので笑、

自戒を込めつつ、自分を励ます気持ちで書いてみたお話でした。



せっかくだからさ、やりたいことは全部やろうぜ! ٩( 'ω' )و