何かに取り組んでいて、なかなか結果に結びつかない、と焦るタイミングの考え方

今年の自分の活動を振り返っていたのですが、

今年は特に展示会もしなかったし、あまり大したことをしない一年だったかなぁ...

と考えていました。

うーん。どうだろ。


しかし、よく考えてみると、その一方で、

ARの開発会社でお仕事させていただいたり、


歌を歌ってみたり(これとかこれとか)、

Podcastラジオでお話させていただいたり、

切り絵の作品を作るという形以外での活動を色々できた、と思ったんですね。



あとは何より、内観がめちゃくちゃ深まって、過去の痛みときちんと向き合えたことも、すごく大きい一年だった、と思ったんですね。

(心の安全基地づくり3ヶ月コースがリリースできたのも、その経験のおかげというところは大いにあります)



別の扉が開くタイミング


何かに取り組んでいて、なかなか芽が出ない、成長しない、と焦る時は、別の扉が開いているタイミングだ、と聞くことがあります。



そう考えると、私の今年一年は、切り絵の扉じゃなくて、別の扉が色々開いた一年だった、と言えるかもしれません。


一つの扉の前でじっと待っていても、もしそれが開くタイミングでなければ、何も流れ込んでこないような気がして、じりじりしてしまうものです。

そこの扉じゃなくて、隣の扉が開いているのかもしれません。
あるいは、真後ろの扉が全開になっているかもしれません。

気づいていないだけで。



まとめ

これを読むあなたは、何の扉が開いた一年だったでしょうか?


コメントを投稿

0 コメント