Apple Entrepreneur Camp 5日目レポート

Apple Entrepreneur Camp 5日目(2020/2/3 Mon.)

今日は、テクノロジーというよりビジネス寄りのレクチャーが中心でした。


App Storeのビジネスモデル

ビジネスモデルとして、課金アプリと無料アプリがあって、さらに無料アプリの中でも、広告、App内課金、物理的な品物の販売(おもちゃなど)、サブスクリプションなどの方法があることを学びました。

また、フィーチャーされるアプリのポイントも伺うことができました。


アナリティクス

Appアナリティクスの読み方のコツを学びました。
現状、私はまだアプリを一つしか出しておらず、ユーザーもほとんどいないということで、あまり気にして見たことがなかったのですが、今日学んだ見るべきポイントを踏まえ、今後ぜひ活用していきたいです。


App Store部門のExpertとの1 on 1

現状の「金魚夢十夜」は、本か作品をお持ちの方でないと、遊べない仕様になっています。
ですが、これだと、せっかくダウンロードしていただいても、それだけでは遊べなくてちょっと残念ということで、アプリだけでも楽しめるコンテンツの追加を提案いただきました。

また、先に上げていた課金モデルとして、アートとサブスクリプションを組み合わせたようなサービスはないか伺ってみました。
現状、そのようなサービスはないようですが、継続的にコンテンツを追加する、という選択肢なら考えられそうです(が、私一人でコンテンツを提供し続けていくのは流石に大変かも)。


アナリティクス部門のExpertとの1 on 1

あまり分析できるほどのデータは溜まっていないながらも、いくつか改善のヒントをいただきました。

便利だなと思ったのが、キャンペーンリンクの機能です。これを使うことでどこから流入してアプリをダウンロードするに至ったかを知ることができる、ということでした。

またApp検索をどのようなキーワードでされているかなどをチェックできる、App Annieという分析ツールも教えていただきました。


散歩の時間

前回行けなかった無念を晴らすべく(?)今日はしっかり散歩してきました。
道中、Apple Park内のジェラート屋さんで美味しいジェラートをいただきました...!
散々迷って、キウイとパションフルーツの贅沢2種盛りにしました。
疲れた体に染みます( ˘ω˘ )


「金魚夢十夜」ビジネスモデルについて改めて考えた

今日に限らず、複数のExpertの方に、本がないとアプリが楽しめないという点についてコメントをいただきました。

リリースした当初は、「よーし人生初のアプリのリリースだ!展示会で遊んでもらえたら嬉しいな!」という小さな目標から始まりました。
ですが、今回ご縁があって、アプリのブラッシュアップの機会をいただいたことで、「もっともっと、世界の人にも影織ワールドを楽しんでもらいたいぞ!」という思いがむくむく湧いてきました。

そう考えると、現物の本を買っていただいて、それを使わないと遊べない、という今の形は、非常に限定的だと思ったんですね。

ですので、
・AmazonのKindle Direct Publishingを用いて、E-bookを販売する(最初数ページ分は誰でも遊んでいただけるよう、無料で公開!)
・本やE-bookがなくても楽しめるコンテンツの追加(鋭意実装中)
・現物も販売するが、もっと印刷にこだわり、良い質の本にする(ただ、現状私は国外に住んでいるので、本の印刷や発送の作業がだいぶ厳しいです。展示会のみの限定レア販売になる...かも)

...という形で、より遊びやすく改良しようと決めました。

多角的なアドバイスをいただけて、今後の発展の方向が見えてきたので、すごくわくわくしてきました!

6日目に続く。