タスクに追われ、頭がパンクしそうになるのを防ぐための考え方

あれしなきゃ、この件はどうしよう。
そういえばあの件について連絡しておかないと。


一つ一つのタスクは小さくても、複数個まとまってやってくると、途端に頭がパンクしそうになるものです。

だから、脳のリソースを極力空けるようにすることが大事だと思います。



脳のリソースの空け方

やるべきことを書き出す

これが一番シンプルかつ強力だと思います。


いつまでに何をしないといけないか覚えておきながら、別のことを考えるって結構大変です。

TODOはとりあえず紙に書き出して、一旦頭から取り出しましょう。


覚えておかなければいけないことを極力減らすことで、脳の負荷がぐっと減ると思います。

書いたものを見ることさえ覚えていれば、書いた後に安心して忘れられます。


先日Trelloの使い方について記事を書きましたが、こうしたアプリを使うのも手ですね。


さっさとやる


身も蓋もない言い方かもしれませんが、

メールの返信をするとか、何かの予約を取るとか、振り込みをするとか、

ちょっとしたタスクはさっさとやってしまうことがおすすめです。


こうしたタスクは、面倒だから...と後回しにすればするほど面倒くささが増大するんですよね(なんででしょうね?)。


早いほど楽だ...と唱えながら、小さなタスクはサクッと片付けましょう。


寝る


紙に書いても、なんだか頭がパンパンだ。

さっさとやろうとしても、力が出ない。


そういう時はさっさと寝てしまうのも一つの手ですね。回復したら、また元気に動けるものですから。



まとめ

・やるべきことを書き出す

・さっさとやる

・寝る

脳のリソースを空けて、元気に過ごそう。


コメントを投稿

0 コメント