内容の箇条書きだけでスライド資料をサクサク作ろう!Marpがめちゃくちゃ便利!

今日は、マークダウンという記法でパワーポイントを作れるアプリのMarpのご紹介。

マークダウン記法とは?という方はこちらの記事などを読んでみてください。



導入

公式サイトからダウンロードしましょう。


Visual Studio CodeのエクステンションとCLIがありますが、私は今回前者のMarp for VS Codeを入れてみました。



使い方

VSCodeに追加後、

---
marp: true
---


と冒頭に書いたmdファイルを作れば、スライド資料を作り始めることができます。

ページを区切りたい時は、---と書けばOKです。

あら簡単。

CSSの知識があれば、スライドの見た目をおしゃれに整えることもできますよ。



利点

中身を考えると同時にデザインが出来上がっていく

パワポなどでスライドを作る時、とりあえずまず内容を考えて、

後からそのデザインをちまちま整えて...という流れで作ることが多いです。


一方、Marpを使えば、

「これは大事なこと、これは補足的に言いたいこと」

情報の重みづけをして、見出しや強調をつけながら箇条書きしていくだけで、
自動でデザインされていく
のが楽なんです。


思考の流れとデザインのスピードが一致するんですね。
スライド作りが捗ります。



まとめ

スライドを作る際には、Marpがめちゃくちゃ便利というお話でした。


--- 以下、2/16追記 ---

こちらの記事も合わせてどうぞ。





コメントを投稿

0 コメント