ゆっくりするから早く進める

少し前まで、なんだか色々やる気がわかないな、空回りしてる感があるな、ということで悩んでいました。

そこで自分のブログの過去記事を漁って読んでいた時、小説のリリースがひと段落したタイミングで一旦燃え尽きてたんだな、と改めて腑に落ちたんですね。

いや気づいてなかったんかーい!とツッコミを入れたいところですが笑、本当にピンときていませんでした。
確かにリリースはしたけど、展示会ほどの体の疲れは少ないんじゃないか、リリースしたことを言い訳にしてただ怠けてるだけなんじゃないか...と、ちくちく罪悪感を感じていたのです。

でも、上記ブログを読んでみて、「あ、確かに燃え尽きてた」「休んでもよかったんだ」とようやく気づきました。

上のリンクの記事によれば、「次の目標に向けて進んでみたい、やってみたい、ぼんやり過ごすのは退屈だなと感じるまでは、経験上ゆるりとするのが良い」って過去の自分も言ってました。
ほんまそれ。良いこと言うね。言ったことを忘れてるけど笑


ものづくりしている時、たくさん時間をかけるほど進捗が生まれるか、というと意外とそうでもなかったりするんですよね。
疲労状態でグダグダと進めても、いいアイデアが浮かばない、進まない、出来上がってもピンとこないもので、
ゆっくり休んでから、元気な状態で進めると、あっさりアイデアが浮かんで、いい作品が仕上がるものです。
休むことで時間をかけて遠回りしているように見えて、実はそこから一気に加速して、むしろ早く完成地点にたどり着く、ということはしばしばあるんですね。

同様に、人生を前に進めよう、と色々なことに取り組むのはもちろん大事なのですが、そこにたくさん時間をかけるほど前に進めるか、というとそうでもないのです。
立ち止まって時間をロスしているように見えても、止まることでエネルギーチャージして、一気に前進できることがあるのです。


まとめ

立ち止まるから前進できる。
ゆっくりするから早く進める。

逆説的だけど、真理ではないかなと思ったのでした。

最近、ちょっと新しく進めたいことがいくつか出てきていて、動くぞ、という気持ちがだんだん湧いてきたところです。今更感はありますが、そこでようやく「じたばたしなくてもよかったんだな」と気づいたので、今日の記事を書いてみました。

この一連のやりとり、何度となく自分の中で繰り返している気がするので笑、「止まる」「休む」をしっかりやっていけたらいいな、と思いました。